読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら女子奮闘記

女子力皆無な大学生がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

出席停止が堪能できなくなった

ひとりごと ぼやき 卒論 一人暮らし 家族 カラダの悩み 考えたこと

こんばんはー絶賛大学への登校停止中のすだちです。

別に悪いことしたわけじゃないですよ、インフルの登校停止期間です。沢山のお見舞いのコメントやメッセージ、ありがとうございました。かなり元気になりました、あとちょっとで完全復活できそうです。

研究に追われてる友人たちにインフルの菌をまき散らすのも申し訳ないし、もう少し自宅警備員をしてます。

 

 

子供の時にかかるインフルと二十歳を過ぎてからかかるインフルではだいぶ印象が違ったので記録しておきたいと思います。

インフルエンザ、今まで数回感染した記憶があります。具体的にいつかかったかは全然覚えてないんですけど小学生~高校生の間で3,4回くらいは感染したのかな?

インフルエンザが流行り出した時、不謹慎ではあると思うのですがちょっとだけわくわくしちゃうんですよね。「もしかして私も出席停止?!学級閉鎖?!」みたいな。自分が感染したらつらいだけなのに。家にいてもすぐにやることなくなって飽きちゃうのに。

台風とか雪で学校が休みになるかならないかの前日の夜や朝の謎の高揚感ですよね。あれと似てる。意味もないのに何度も何度も天気予報を確認する作業。普段は読まない新聞やネットの天気予報まで複数チェックして「学校休みになったら何しよう!!!」って大騒ぎして親に「早く寝なさい!」って怒られるやつ。結局翌日起きてすぐにカーテンを開けて外の様子を確認するも雪なんてほとんど積もってなくて、だけどちょっぴり降ってるから若干期待するんですよ。連絡網の電話が鳴るのを心待ちにして、お母さんの声に耳を澄ませるところまで期待はするのですが、次の家に電話をかけるときにはっきりと現実を知ります。「今日も通常通り授業がある」と。

 

インフルエンザが流行ってる時に体調が悪くなった時も若干期待してました。なんと言ったってインフルエンザになったら合法的に学校を休める!しかも熱が下がった後のボーナス休みが3日間も付いてくる!小さい頃は熱が出ても割と元気だったし、熱が下がっちゃえばそれ以外の不調はほとんどなく元気いっぱいに家の中で過ごしていました。

お母さんからしたら大変だったろうな…実際1週間近く家にいると暇すぎてどうにかなりそうになるんですけどね、だけどやっぱり嬉しいものはうれしい。ゲームしたり読書したりプリン食べたり(プリン=普段甘いものはあまり食べさせてもらえなかったけど、風邪をひいたときは買ってきてくれる嬉しい食べ物)気ままに過ごしていました。

…とまぁ、こんな風に出席停止を純粋に楽しんでいたのも中学くらいまで。中学までは勉強も大して苦労しなくても追いつけてたし、長期間休んでもマイナスになることはほとんどありませんでした。

高校になると部活命の高校生活を送っていたので1日でも部活に行けないのがつらくてつらくて。勉強も大変だし、テスト期間とかに被ったらそりゃあもう最悪です。出席停止があんまりうれしくなくなってました。

 

続いて大学。今回は大学に入って初めてのインフルだったのですが、思ってたのと違いすぎる。まず、高熱がつらい。小さいころはちょっとやそっとの高熱でも元気だったのにひたすら寝込んでるしかできない。一人暮らしだから食糧とかも何とかしないといけない。体温計の電池が切れて体温は計れない。病院も独力で行くしかない。お金も無くなる。なんじゃこりゃ。体力が減っているのか、単純に年をとったのか分かりませんが、今までのインフルと何かが違うぞ…と。

まぁなんとか熱が下がれば色々楽になるだろうと思い寝続け数日。ようやく熱が下がり「これで楽になるだろ~」と思ったのも束の間。上半身の至る所を筋肉痛・関節痛が襲い掛かってきました。痛くて何もできない。寝ることもできない。あったかい湯船に浸かって体をもみほぐし、1日耐えたらこれもだいぶ解消されました。

部屋が荒れる、肌も荒れる、髪も荒れる、いいことないです。まじで。すごい!グチのオンパレードになってますね。

「元気になっても出席停止期間があるからゆっくり家で休みを堪能しながら卒論進めよ~」なんて思ってたけどとんでもありません。1週間近くの時間をおじゃんにしてしまい、残ったのは膨大な量の作業量が待ち構えてる卒論と焦り。失ったのはお金と時間と体力。

年取ってる感がハンパない、だなんて大学4年の私が言ったら多方面から怒られちゃう気もしますが確実に子供の頃とは違う何かを感じています。

 

子育てをしているパパさんママさんブログもたくさん読ませていただいてますが、私は自分のことをなんとかするのでも精一杯なのに、子育てして仕事して家事やって、家族の誰かが病気になっても乗り越えていかれてる姿がホント凄いと思います。

自分がそうなれるのか不安で仕方ないですが、一人暮らしはその訓練期間でもあるのかな、なんて。

できたらインフルもうかかりたくないな、来年からはちゃんと予防接種受けようかなーなんて思う1週間でした。

インフルエンザ、大流行しているみたいなので皆さんも気を付けてくださいね!

 

<こんな記事も書いてます>

インフルエンザで寝込みながら考えたこと - ずぼら女子奮闘記

二十歳を過ぎて「肌が乾燥する」という現象を感じるようになった - ずぼら女子奮闘記

【前編】生理痛が酷すぎて婦人科に行ったら高校生には刺激が強すぎた話 - ずぼら女子奮闘記