ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

大学生活で学んだこと~権力と責任~

連日のニュースを見ながら権力の大きさについて考えました。この世界はある特定の人がものすごい大きな権力を握ってるんだなぁと思い知らされてもいます。普段はあまり意識していないけど、大勢のトップに立って有名な人ってそれだけ権力が強いってこと。

行ったことのない国でも名前を知っている人は沢山います。日本という国のただのぺーぺーでちっぽけな私に名前と顔を覚えられてるってすごい。自慢じゃないけど、人の顔と名前を覚えるのはすっごく苦手なんです。どこかの国の大統領とか、社長とかって私の考えたことのない次元で物事を進めてて、私にできないことをなんてことのないようにするんだろうなぁ。お金もあるし権力もあるし。 

私は有名人になりたい願望とかは全然なくて、一般人として平和に一生を終えられたらなって思っています。(セレブとか有名人になれる見込みは一切ないしその件に関して心配する必要はないんだけど)

 

そんなこんなで大学生活で学んだことシリーズ第2弾行きたいと思います。第1弾はこちらです。

www.sudachigirl.net

 

権力を握るのは怖いです。

私は大学でとある委員会活動に参加していてそこそこ上のポジションにいました。ニュアンスで行くとトップから2番目くらいです。肩書的に裏のボスとも呼ばれており、割と色々な件に関して決定権を持っていました。こうやって書くと怖いけど別に威張ってたわけでもないし、真摯にその活動に取り組んでいました。ただ指示する側のポジションにいたのは確かです。私の指示でみんな動くんです。どんどん変わる状況をみんなから教えてもらって、そこから適切な指示を出して問題に対処していく。

寝不足で疲労がたまる中、全てにおいて正しい判断ができたとは思っていません。今思い返しても周りの人に散々迷惑をかけたし、後悔していることも沢山。

だけど「すだちの指示だから」「すだちがこう言っているならこれが正しいのだろう」といってみんなついてきてくれました。他の人と相談をして物事を決定することも沢山あったし、反対意見などがあったらちゃんと聞き入れるようにしていましたが、如何せん時間に追われているとキャパオーバーになってしまうのです。次々と鳴る携帯電話。目の前には次の指示を待つ後輩。同じポジションの同期は他の対応で手いっぱい。自分の独断で判断しなければならない状態に追い込まれた時、その瞬間での最適解を導こうとします。その瞬間では正しい判断をしたと思っても、いざ振り返るとそれが間違っていることってあるんですよね。

そして自分の怖い点は自分の下した判断が下手したら数百人に影響を与えているということをたまに忘れてしまうことです。目の前の問題をクリアするために、頭をひねって一つの解を導くのですが、それによってクリアされることができた代わりに新たに別の人に迷惑をかけてしまうことが増えてしまいます。身内が困る分にはある程度は仕方ないと思っているのですが(お互い様の団体だったし)それよりも外部の人が困るような判断をしてはいけない。内部と外部、内部だけでも色々な人の利害関係が交錯して挟み撃ちになることはしばしば。

だけど、自分の役職に誇りややりがいはとても感じていました。自分で新しいことを始めたり、今までのルールを変えたりできたのは多分私がその役職にいたから。大きな規模の仕事に携われたのは純粋に嬉しかったのですがその分責任も大きくなっていきました。

 

周りが引くほど自分の仕事が大好きで(大抵みんな「めんどくさいな~」と言いながら仕事をする)、その活動が最盛期の時期は始発で家を出て終電で帰宅するなんて生活を繰り返していましたが楽しいから全然大丈夫だったんですよ。

社会人になってからの仕事が「楽しい」だけで済むとは思ってませんが、「やりがい」を見つけたらどんどんのめりこんでいくと思います。あまり考えてはないけど、昇進とかもしたいって思うのかもしれない。課長とか部長とか責任が大きくなる役職に就きたいと思うのかもしれない。本当になれるのかは別問題ですが、立場が上になって権力(あえてこの表現を使います)が大きくなった時にはその分リスクや責任が大きくなることをちゃんと振り返って自分に言い聞かせたいと思います。

 

権力が大きくなるとできるようになることが増えてその分やりがいも増す。だけど、間違った権力の使い方をすると沢山の人を不幸にしてしまうこともある。

色んな立場の人から挟み撃ちにされた時、短期的かつ長期的に見た時の最適解が出せるようなそんな人間になりたいと思いました。

 

<こんな記事も書いてます>

大学生における忙しさと食費の関係 - ずぼら女子奮闘記

大学生活で学んだこと~辛くなったら逃げてもいい~ - ずぼら女子奮闘記

女の秘密と友情 - ずぼら女子奮闘記