読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

19年後の物語。ハリーポッターと呪いの子!ついに発売したから読んでみた【ネタバレなし】

ついに!ずっと心待ちにしていたハリーポッターと呪いの子が本日11月11日に販売開始されました。

この記事はネタバレなしです。まだ読んでない人も先に進んで大丈夫です。

 

ネタバレありの記事を読みたい方はこちら

www.sudachigirl.net

 

ハリポタファンの私は、楽天で予約していたため今朝からいつ届くかそわそわ…

お昼過ぎに郵便受けを見に行ったら入ってました!やった!

 

待ちに待ったハリポタ続編です。

f:id:sudachitt:20161111201502j:image

 

 

楽天ブックスで購入したらステッカーがついてきました。

過去の7作品の表紙がそれぞれシールになってます。かわいい。

どこに貼ったらいいかわからないのでそのまま保存することになりそう。

f:id:sudachitt:20161111201507j:image

 

今回の作品は、舞台で使われたリハーサル脚本を書籍化したものになっています。

本文も今までの作品のような書かれ方ではなく

ハリー「○○○○」

ジニ―「××××」

ハリー「△△△」

というようにほとんどが会話のみで構成されています。あとは舞台上での俳優さんの動きや場面設定が書かれている程度。

 

今までの作品と比べると会話からしか情報を得ることができないので、若干の読みにくさ(?)は感じました。舞台用の脚本だから当たり前ですね。

今まで通りのハリポタで読みたい方にに朗報です。JKローリングさんが加筆した愛蔵版が出版されることが決定しているそうです。いつになるかは分かりませんが、情報が補足されていたり、情景がより具体的に表現されたりするだろうし出版されたら是非読んでみたいと思っています。

 

今回の作品は、死の秘宝でヴォルデモートを倒してから19年後の物語になっています。

あらすじはこんな感じ。

 

8番目の物語。19年後。

この本は、続巻として待ち望まれていた8番目のハリー・ポッターの物語で、『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親になったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

ハリー・ポッターとして生きるのはもちろんたいへんなことでしたが、その後のハリーも決して楽ではありません。

今やハリーは、夫として、また学校に通う3人の子を持つ父親として、魔法省の激務に押しつぶされそうな日々を過ごしています。

ハリーがすでにけりをつけたはずの過去と取り組まなければならない一方で、次男のアルバスは、望んでもいない”ハリー 一家の伝説”という重圧と戦わなければなりません。

過去と現在は不吉にからみあい、父も子も痛い真実を知ることになります。

闇はときとして思いがけないところから現れるのです。

引用:静山社HP

ハリーの子供たちのシーンがほとんどなのかな、と思っていたのですが相変わらずハリー・ロン・ハーマイオニー達の掛け合いも見れて懐かしさを感じたり感じなかったり。

昔のシリーズを1から読み直したくなりました。家にあるのでいつでも読めるんですけどね。笑

 

4時間程度であっという間に読破です。ノンストップです。

やっぱりハリポタワールド、久しぶりに浸かると昔に帰ったような、ホグワーツ行きの手紙が届かないかなーなんて思っちゃう自分がいます。

あとでもう一度じっくり読み返そうと思ってます。先が気になってすごい勢いで読んでしまったので(苦笑)

 

久しぶりにハリポタワールドに浸かりたい方、19年後の魔法界がどうなっているか気になる方、ぜひ読んでみてください!

今回の「特別リハーサル版」は、早いうちに出版が終わってしまうのではないかという噂もあるみたいです。(「愛蔵版」が出るとかなんとかで)

ある意味レアになるかもしれない舞台の脚本バージョン、読んでみてはいかがでしょうか?

 

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

  • 作者: J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン,松岡佑子
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

 

www.sudachigirl.net

www.sudachigirl.net

www.sudachigirl.net

www.sudachigirl.net