ずぼら女子奮闘記

ずぼら女子がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

学生みたいな遊びが愛しい

久しぶりに(とは言っても2,3か月ぶりなのだが)学生時代の友人と遊んだ。

最初は友人と二人で飲んでいただけなのだが、近くで同じサークルの同期が数人で飲んでいることが判明。二次会で合流し、手当たり次第に電話をかけ来れる友人を集めた。

即席のプチ同窓会の出来上がり。21時くらいには帰路に着くだろうな~なんて思っていたのは瞬く間に裏切られ結局カラオケオールをして帰ってきた。

学生時代は、翌日の早朝からバイトがない限り時間も体力も気にせずに遊んでいたけれど社会人となった今はそうもいかない。翌日を考えなくていいのは金曜と土曜の2日間だけ。特に土曜の夜は最高である。

カラオケオールだなんて、もう体力ないし絶対無理…と思っていたけれど案外大丈夫だった。羽目を外して騒いでめっちゃ楽しかった。

 

私たちはいつか終わりが来ることを知っている。それが明日なのか来年なのか10年後なのかは分からない。

だけど、その場でノリで集まって、夜通しお酒を飲んで騒いで笑いまくる、っていう他人からしたらバカみたいなことができなくなる瞬間がいつか訪れることを知っている。

既に仕事で勤務地が遠い友人は誘った瞬間に来て騒ぐ、みたいなことはできないしこの後結婚、出産なんて始まったら外に遊びに出かけることもままならなくなってしまう。

だからこそ「今しかできないこと」を楽しみたいと思うし、全力で遊びつくしたいと思う。

 

共通の経験をしている仲間はすごい。ただの内輪ネタでずっと笑っていられるし、しばらく会っていなくてもまるで昨日も会っていたかのように会話を始めることができる。

社会人や大学院生や就活生など境遇は様々だけど、つらい経験をしてきたことは同じだからなんとなく見えないもので繋がっている気がする。

仕事は勿論大変だけど、サークルが一番忙しかった地獄のような日々と比べたら大したことないよねって笑い飛ばすことができる。

それがから元気なのかもしれないし、現実から逃避しているだけの発言なのかもしれないが笑い飛ばしてくれる友人がいるだけで救われる気持ちになる。

 

www.sudachigirl.net

この記事にでてきた写真を、友人と飲みながら見返した。

もう一度旅行に行きたいね、誰かが結婚しちゃったら気軽に行けなくなっちゃうもんね、それって悲しいね、と2人で飲みながら語り合った。

既に全員で集まることはめちゃくちゃ難しい。時間もお金もかかってしまう。

だけど年月を重ねるとさらに実現させるのは難しくなってしまうだろうから、今年中にぜひとも実現させたいと思っている。

 

20代前半のまだ若い!(はず)って言える時期に遊べるだけ遊び尽くそうと思う。

今週も1週間、がんばろう