読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら女子奮闘記

女子力皆無な大学生がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

「美」の優先順位が低すぎる

女子力向上 ひとりごと ぼやき カラダの悩み 人間関係 考えたこと

多分私の感覚は世の中の人たちとかけ離れています。少なくとも街中にいるきれいな女性たちとは思考回路が違うんだろうな、と。

最低限以上の物欲もないし、ブランドにも興味がない。髪型のアレンジも今までしたことないし、アクセサリーもほとんど持っていません。化粧品も大学に入学するときに買ってもらったやつを使い続けているし。(まだ使い切ってないから購入する必要もない、大学2年まではほぼすっぴんだった、眼鏡かけてるから化粧の意味を見いだせなかった)

…書き出したらドン引きですよね、ごめんなさい。もっと詳しく知りたい人がいたらこちらの記事をどうぞ。

みんなどうしてそんなにブランド知ってるの? - ずぼら女子奮闘記

女子力向上委員会 - ずぼら女子奮闘記

自分を省みて、やっぱり「ヤバいな」とは思うんですよ。だけどその「ヤバい」の感情が一瞬で消え去って、いつもの生活に戻っちゃうんです。

卒論が終わったらやりたいことを書き出してみたけれど、物欲はほとんどなくて「必要だから買う」ものばっかり。自分のオシャレのために欲しい物ある?って今聞かれても「うーん…」となってしまいます。

卒論が終わったらやりたいことリスト - ずぼら女子奮闘記

 

 

人の見た目を殆ど気にしないんですよね、よく街中を歩いていて友人が「あの人イケメン!」とか「あの子かわいい!」とか言っていましたが私は「う~ん?そうだね…(興味なし)」位のリアクションしか取れませんでした。だって興味ないんだもん。他人だし。ちなみに芸能人にも興味がなさ過ぎて知識皆無でした。

最近(ここ1,2年)になって「あの子がかわいいな」とか「この人一般的に言うイケメンだな」みたいな感情を覚え(?)ました。かわいい子を見ているのは好きです。かわいいは世界を救うと半ば本気で思ってます。

 

小さいころから人の容姿に興味がなく、自分に関してももちろんほとんど興味なし。自撮りとかも友人と写真を撮るとき以外全くしないし、snow?ナニソレ?状態です。あぁー書いてて悲しくなってきた。

どうしてこんな風になっちゃったんだろうって考えたんですよ。普通の女の子はオシャレとか美容が最優先で、自分がかわいくなるために、自分がかわいく写真に写れるように、ものすごく努力しているじゃないですか。時間もお金もたくさんかけて。元からかわいい子もいるけど。

 

実家にいる頃は母に「足出しちゃダメ!あったかい格好しなさい!首元も開いてるのは冷えるでしょ!冷えは健康の大敵なのよ!!」と口が酸っぱくなる程言われていたのでオシャレより温かさ重視の格好でした。短いスカートや短パンなんて言語道断。

ヒールも「足に良くない!形が変わっちゃうわよ!」と言われていたのでもっぱら歩きやすいスニーカー。もしくはヒールがほとんどない歩きやすいブーツ。

私の体を気遣って言ってくれていた言葉なんだと思います。体の冷えは良くないって聞くし。将来後悔することが少しでも少なくなればと思ってくれているんだなぁと思います。母は冷え性で悩んでいました。

まぁそんな感じで高校まで生活してきて、オシャレより部活や学校生活、勉強が楽しかったんですよね。興味が湧かなかったとも言うのかもしれない。

何がどうなってこんな人間になっちゃったのか分からないけど、美容に関する知識はかなり少ないんじゃないかな。女子力皆無ですこんにちは。

ファッション誌を読むより文庫を読む方が好きだし、アパレルを巡るよりダムを巡る方が圧倒的に楽しさを感じます。

 

昨日某番組で「世の中の美人は得をしているのか?ブスは損か?」みたいな議論をしていたのを聞き流していましたが、まぁ圧倒的に美人の方が得してるよなーとは思いますよね。人生何かと生きやすくなってますよね。

飲み会とかでチヤホヤされているかわいい子を見ることは良くありますが、私は「チヤホヤされたい」って思ったことはないし、どちらかというと男女関係なく語り合ったりバカ騒ぎしている方が好きです。見た目云々じゃなくて、私を1個人として認めてくれている人がいるならそれでいいよな~って思考。

 

でもね、そんなことを考えていたのも去年までの話。「めんどくさい」「こわい」「お金がかかる」といって避けてきたこの問題にしっかりと向き合わなくちゃいけないと思っています。学生までは何とかなってきたけど、社会人になったら絶対少しでも綺麗な方が得だもん。結婚式とかに呼ばれた時に恥ずかしくない格好するのが大人の義務でもあるだろうし。

先日謝恩会用のドレス選びにデパートに繰り出したのですが、どれもキラキラしてて普段来てるような服の値段の数倍していて。何よりまず考えるのは「自分の体型でこれが着れるのか?」という問題。着れなかった時のことが怖くて試着なんてできたもんじゃない。

仮に自分でも着れる似合うドレスに出会えたとして(痩せたとして)、髪の毛は?メイクは?靴は?アクセサリーは???

自分一人じゃ何もできない、選べない、ナンテコッタ。

だれか女性の美容に関する初心者向けの教科書書いてくれませんかね?ネットとかで調べても自分に何が似合うのか分からないし、専門用語が多すぎて参っちゃう。

 

社会人になるにあたって「オフィスカジュアル」とやらの洋服も揃えなくちゃいけないし、今から頭が痛いです…こういったことから避けてきたツケが一気に来てる気がする。洋服買いに行くのって苦手なんですよね。誰か代わりに全部選んでくれーって感じ。オシャレな友人に全部頼もうかな。

 

これから「美」「オシャレ」に関する分からないこと、困ってることをブログに書く機会が増えるかもしれないです。専門用語で溢れていて敬遠しがちだった美容ブログも読んでみようと思ってます。(分かりやすいのがあったら教えてください!)

この間この記事でも書いたけど(大学4年が考える将来の夢 - ずぼら女子奮闘記)、夢を目標に、目標を課題にボトムダウンしていく必要があると思います。

今月の課題は前髪のスタイリングについて、アイロンを使えるようになりたいと思います。アイロンも2年前に買ったはいいけど、使ってないんだよな~正しい使い方も分かってません。

具体的な課題を見つけるためには知識がないといけないので、あとはアンテナを張りつつぼちぼち動きたいな~と。

 

世の中の努力して美しさを保っている人たち、ほんと尊敬です。カッコイイ。

書いてて夢の遠さに絶望しかけてるけど、負けないように頑張りたいと思います。

 

<こんな記事も書いてます>

大学4年が考える将来の夢 - ずぼら女子奮闘記

みんなどうしてそんなにブランド知ってるの? - ずぼら女子奮闘記

女子力向上委員会 - ずぼら女子奮闘記