読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼら女子奮闘記

女子力皆無な大学生がリアルでは言えないことを吐き出すブログ。

デパコスの壁は高かったので、パーソナルカラー診断を受けてみた

ひょっとしたら誰かの役に立つかもしれないやつ カラダの悩み 女子力向上 社会人準備

こんにちは~すだちです。

すっかりブログの書き方が分からなくなってしまいました。

いくつか記事を書こうとしてはいるんですけど、びっくりするくらい筆が進まないんです。しばらく書いてないとその辺の感覚ってなまってきちゃうんですかね。

3月はまだ2記事しか書いてないし、自分の感情をばーって書いた感じのやつだったからなんか違う感覚

以前書いたこの記事。

www.sudachigirl.net

コスメカウンターに挑戦する!メイクを勉強するんだ!と宣言した上で結果を報告すると書いていたので、まぁその辺についてぬるっと書いてみたいと思います。

 

えーっとですね…結論から言うと、デパートのコスメカウンターには行ってません!メイクをプロに教わったりしていません!(苦笑)

Youtubeのメイク動画を見たり、ロフトやプラザや薬局のメイク用品コーナーを熱心に見るようになったくらいです。

冷静にお金が無いのと、(自分でいうのもどうかと思うけど)そこまで肌荒れはしていないので高級なファンデーションを沢山塗ったりする必要はないんじゃないなぁという判断。そして理系職なので、職場できらびやかに着飾る必要はあまりないのではないかという甘い考え。あとはデパコスコーナーの華やかさにHPが瀕死状態までやられる自分の精神力の弱さ。

その辺が相まって、自分でできる範囲で少しずつやってみようという結論に至りました。

 

だけどね、その分浮いたお金で「パーソナルカラー診断」をしてもらいました。超簡単に説明すると「自分には何色が似合って、何色が似合わないか」を診断してもらうってやつ。

謝恩会で着るドレスの色や、これからそろえる職場でのスーツや私服、メイクで自分に似合う色などの方針を一度知りたくって診断をしてもらうことに。ファッションとかあまり興味がない人種なので今着ている服が似合ってるかもよく分かっていないんですよね。時間がある学生のうちに(学割も効くし)思い切って行ってみよう!ということで診断を受けてきました。

カウンセラーの人とお話をしながら、私の肌の色・瞳の色・髪質・顔の形などの特徴を教えてもらい、いろんな色の布を当てながら似合う色の種類を探していきました。

色の種類には「スプリング・サマー・オータム・ウインター」の4種類があって(普通に赤とか青とかっていう分類の仕方ではない)、それぞれの郡ごとに特徴が変わってきます。

診断の結果、私はウインターカラーが自分のパーソナルカラー(一番似合う色)になるそうです。普段原色とか派手なものは苦手意識があったんですけど、自分の想像とは逆に派手めな色が似合うという…笑 新しい自分の発見です。

 

パーソナルカラー診断の時に、メイクのアドバイスも一緒にもらいました。

私の場合

・ファンデーションは黄色みが強い色は避けて、ピンク系~ナチュラル系。

・アイブロウは赤茶・グレー・黒

・アイシャドウはシルバー・ネイビー・グレー・ブルー・青みを感じるピンク(あんまり売ってない!)

・チークやリップも青みを感じるピンク系

が似合うらしいです。

今までアイシャドウとかベージュや茶色系が多かったので、結構目からウロコでした。種類が多すぎるメイク用品の中から選ぶ基準ができたので嬉しいです。買い物に行くのがちょっと楽しみになりました。

ネイビーやグレー系のアイシャドウってあんまり売ってないんですね、すごい勢いで化粧品コーナーを巡回してるんですけど、なかなか良いのに出会えません…

 

コスメカウンターにいって迫力に気圧されて訳の分からないまま終わるより、ずっと収穫のある1時間になったんじゃないかと思ってます。デパコスは、もう少しメイクに慣れてお金に余裕ができてから気持ちが残っていたら挑戦してみようかなって思ったり。

前の記事に沢山コメントでアドバイスをいただいたので、デパコス等気になる方はそちらを見てみてください!たくさんのコメントありがとうございました~

 

これからメイクの練習をちょっとして、社会人用のスーツを買いに行きたいと思います。どれくらいの頻度で着るのか分からないので、まじで困ってます。スーツとオフィスカジュアル。とりあえずリクルートスーツじゃない普通のスーツを1着買って様子見かな…職場の雰囲気とか配属決まってからじゃないとわかんないし、考えることと用意するものが多すぎてパンク状態です。男子はとりあえずスーツを用意しておけばいいから羨ましい、いいな~

名刺入れとか手帳とか、どこまで冒険していいのか分からんし、どっひゃ~~ですよどっひゃ~~~~仕事用の手帳、会社が支給してくれたりしないのかな

社会人準備、やること多すぎ時間なさすぎです、もっと余裕のある日をつくっておけばよかった、バタバタと時間は過ぎていきますがあと一週間しかない人生の春休みを満喫したいと思います!

1枚の写真と卒業

ひとりごと 人間関係 大学生活 考えたこと

卒業旅行・追いコン・卒業式などの卒業に関するイベントがどんどん終わっていく。大学でできた友人たちとゆっくり過ごす時間はもうないのだと頭で理解しながら、怒涛の勢いで時間だけが過ぎていく。

 

一枚の写真がある。それはサークルで同じ局に所属しともに活動を行ったメンバーが全員笑顔で写っている写真だ。最初に出会った時は仲良くなれるのだろうかととても心配になるようなメンバーだった。

同じサークルに所属しているというだけが共通点であり、それ以外のコミュニティは様々。性格や容姿・趣味などもバラバラである。初対面の時点では正直苦手だなぁと思った人も多い。

自分たちが中心になって密に活動したのは1年間だったが、1年から4年までの4年間で様々な苦楽を共にした。喧嘩もした。共に大笑いもした。旅行に行って夜通し飲んだこともあった。

密に連絡を取るマメな人間はいないので、サークルを引退してからは年に数回集まった時くらいにしか顔を合わせる機会はないけれど一度顔を合わせればノンストップで騒いでいられる。語り合える。

私にとって彼らの何が魅力で、何が素晴らしいのかを上手く言葉で表現することはできない。けれど、なんだかとっても大切な人たちなのだ。

 

「私たちに美談はあるか」という話題になった。一つも出てこなかった。みんなの記憶に残っているのは失敗した話・大喧嘩した話などマイナスな話題ばかり。だけどその話で大笑いすることができる。当時はめちゃくちゃ必死で深刻に悩んだりしていたのに、時が過ぎればすぐに笑い話になる。

同じ話で何度笑ったことか。

共通の経験をしているということは、かけがえのない財産であり短絡的に言えば友情を育むのにもってこいであるんだと思った。自分達だけにしか分からないキーワードだったりエピソードは沢山ある。究極の内輪ネタである。傍から見たらどこがそんなに面白いのかさっぱり分からないんだろう。だけどそんな経験を沢山共有していることを嬉しく思う。

 

時には深刻に悩み、ぶつかり合い、嫌いになりかけたこともあったけど(本当に嫌いになったわけではない)そんな経験ができたのは底に信頼があったからだと思う。顔を合わせた時の言葉の応酬はひどい。けど冗談だって分かってるし、何を言い合っても許しあえる仲なんだってことはお互い分かっていると思う。

そんな仲間の進路はバラバラだ。就職する人もいれば、大学院に進む人、事情があって留年する人もいる。就職して全国転勤になる人もいるため、みんながバラバラになる。すぐには会えない。

 

結婚式の話になった。誰が最初に結婚するのかとか、余興は何をするのかとかみたいな話になった。サークル内のカップルもいるので、スピーチはだれに頼むかとかそんな話まで。実現するかは分からないけど、想像しながら未来の話をするのは楽しい。

いいことばかりじゃないってことは分かっているし、想像通りのことが100%起きるなんて心の底から信じているわけではない。だけど、大学4年卒業間近になると恋バナに結婚の話は付き物になっている(少なくとも自分の周りの女子同士では割と深刻に語られる)

将来皆がどうなるかは分からないけど、就職したり結婚してもたまにでいいから一緒に笑い会える日がくるといいな。

 

冒頭に書いた写真の表情がとっても良くて、皆すごく楽しそうで愛しく思う。

印刷して手帳に挟んで辛いときに見よう。

面と向かってはなかなか言えないから、ここにそっと想いを残しておく。

ありがとう、大好きだよ。また会おうね。

合宿前の高揚感を味わえるのはこれが最後

ひとりごと 人間関係 大学生活 考えたこと

大学時代の9割をそこで過ごしたと言っても過言ではない団体での卒業旅行がすぐそこまで迫っている。

その団体(以後サークル)では毎年夏と冬に合宿に行っていた。先輩や後輩が混じり、多いときでは100人を超える大所帯。普段話さない人とも交流できる貴重な機会だ。

サークルによって合宿のスタイルは様々だと思う。バスで行ってレクレーションをやったり、車を借りてドライブしたり、団体の活動に集中的に取り組んだり。夜はひたすら飲み会をしたり、部屋に戻ってガールズトークをしたり、いい感じの男女が抜け出してちょっとしたニュースになったり。

続きを読む

ブログは自分と向き合う贅沢な時間

ブログのあれこれ ひとりごと 考えたこと

この「ずぼら女子奮闘記」というブログを開設してから今日でちょうど半年がたちました。

まさかこんなに長く続くとは思っていなかったので自分でも正直びっくりしています。それと同時に時が流れる速さにショックを受け入ているのも事実。半年経って思ったことを少し書いておきたいと思います。

 

つい先日まで(というかさっきまで)諸事情にてPCが使えない状態にありました。約2週間。うーん、長かったです。私はいつもブログはPCに向かって書くんですよね。デスクトップのある机に向かって、他のことは一切せずにブログ一本に集中するスタイルです。動画を見ながら書いたこともあるのですが、ながら作業だとブログに集中できないんです。気が散っちゃうし文章もうまくまとまらない。作業用のBGMを流しながら書くのがせいぜいです。もちろん一人の時間に書いています。

ところがPCが使えない状態になって直面したのはブログを書く「自分にとって最適な環境がない」ということ。スマホでポチポチ書いたりしていたのですが、「なんかこれ違う」という圧倒的違和感。集中できないことはもちろんなのですが、何よりタイピングがPCのキーボードでブラインドタッチするより必然的に遅くなっちゃうんですよねスマホだと。書こうと思ったことがスムーズに文章として落とせないのに関してはストレスを感じてしまいます。

ゴロゴロしながらのんびり書こうとも思いましたが、それも違う。スマホを握って椅子に姿勢正しく座りながら書きました。スマホで書いた記事はこちらです。

人生最後の春休みに突入した - ずぼら女子奮闘記

国内旅行のグローバル化 - ずぼら女子奮闘記

続きを読む

国内旅行のグローバル化

ひとりごと ぼやき 人間関係 旅行 大学生活 考えたこと

こんばんは〜春休み絶賛楽しんでるすだちです。旅行先で考えたことについてちょっと書いておきたいと思います。

 

ここ2.3年で特に顕著に観光地で変化してるのが外国人観光客の数(特に中国、韓国人)だと思うんですよ。

昔は観光地に行っても大して目に入らなかったんですけど(それだけ人数が少なかったんだろうな)ここ2.3年で最近に近付けば近付く程観光地における日本人:外国人の割合って変化してますよね。下手すると自分以外みーんな外国人で日本語が聞こえてこない状況もある。
少子化は進んでいるし東京オリンピックは近付いてるしでこれから国内の観光地ではこんな状況が当たり前になっていくんだなって思いました。ホテルやお土産店でも日本語・英語だけの案内だったのが日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国表示がメインになってきてるし。トイレとか使い方の説明が超大きく書いてあったりしますよね。

続きを読む